【助監督プロフィール】

長田裕之:工務部建築課
現場歴:2年目
現場経歴:関東精工工場建設工事
仕事の醍醐味:職人さんにいばれるぞ
仕事以外の醍醐味:愛車のMR2でドライブ

職人さんとのア・ウンの呼吸。
現場は、このリズムで盛り上がる。
 長田裕之、入社2年目。入社してまだ1年あまりの彼は、三与建設の中にあっても、ひときわフレッシュな存在。そんな長田が毎日通うのは、富士宮市公営住宅の建設現場である。この現場を切り盛りするのは鍋田照男、入社18年目を迎える大ベテラン。残念というか当然ながら、長田はまだ現場監督の勲章は得ておらずアシスタント役。つまりこの建設現場は、ベテランと若葉マークの二人三脚のカタチで進められているのであった。

 この建物、着工は事情があって約1ケ月遅れの9月3日。RC(鉄筋コンクリート)構造ということで、1階から2階、2階から3階へと躯体を積み上げていくのと同時に、順次出来上がった階から各種設備工事、内装工事が始まっていく。とはいえ設備工事関係だけでも、その数なんと25社以上。工期の遅れの挽回は、これら下請業者がいかに効率よく作業に取り掛れるかにかかっている。そんなことは百も承知の鍋田。注文主である市役所と図面を前に技術的なことを検討するかたわら、設計図を施工図に書き直し、工程がスムーズに流れるように工程表を書き上げていく。もちろん週一回の、下請業者との打ち合わせも入念だ。そんな鍋田を見ながら長田は「現場監督というのは、関わる人の持っている技術を最高の状態で出させてやることが大事。段取りがスムーズにできなくてはだめなんだ」と痛感する。工程管理ができれば一人前だとは、長田も思っていない。他にも色々とあるが、現場での利益の確保を計算しながら工事を進めるのも、監督の大きな仕事。つまり、一つの設計図をもとに施工プランをたて、業者の手配や段取りをしていく。その一切の仕事の流れ、その一切のお金の流れを管理し、プロデュースするのが監督の役割なのである。

 「鍋田さん見てたら大変だなと思うけど、それ以上にすごいなと思う。あれだけ責任を持って何から何までするのだから、完成したときの喜びはひとしおなんだろうな」と感想を漏らす長田。

 「やっと現場に慣れた」彼は今、鍋田と二人三脚を組みながら、着実に監督としての第一歩を踏み出したようだ。


【お弁当拝見】

本日のメニュー:一ロカツ、卵焼、チーカマ、ハム、フライドポテト、焼き豚、トマト、キューリ、レタス
弁当製作者:母
好き嫌い:タマゴは○、ピーマンは×
弁当への要望:作ってくれるだけでありがたい
食べる場所:現場事務所
  ※お弁当袋には歯ブラシが入っていて、食後には必ずブラッシング
エネルギー源:なんといってもクルマ
長田裕之 弁当


トップページ

会社概要

作品集

求人情報

リンク

建築技術者
土木技術者
営 業 職
待   遇
資料請求